スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

season 2012 

キャンプ入りから早1ヶ月。間もなくシーズンの開幕を迎えます。しばらくブログの更新も滞ってしまい、戦記の名に恥じます。チームの借金問題も無事に終結を迎え、ようやく重荷が降りました。ひとまず今日はシーズンの展望について述べます。

・下馬評はとにかく低いです。頼みのサンタナとライトが共に病み上がりと苦しさが物語っています。さらにはレイエスの移籍で核弾頭も居なくなり、得点力不足は否めません。ただ新たな若き主砲候補のデービスとデューダらがオープン戦で活躍を見せており、DD砲に期待が持たれます。またベイの移籍4年目の爆発に期待です。

・早めの終戦ともなれば、ベテランの放出は必至です。中でも、最大の注目はライト。これまでチームの快進撃と低迷期を支えてきたリーダーの移籍ともなれば、ひとつの時代の終わりを感じることでしょう。他のトレード候補はペルフリー、ベイなどが挙がります。

・若手の台頭が叫ばれる中、少なくともメッツの投手陣の未来は明るいようです。中でもハービー、ファミリアとウィーラーの3本柱はメジャーに近く、期待が持たれます。マイナーでいい成績を残せば今季中のデビューも十分考えられます。

・チームの今後を考えると、今季は充電のシーズンと言えます。アルダーソン氏がGMに就任して3年目となる今季、目指すチームの成形もそろそろ終わりも近いでしょう。チームとしては、結果(勝敗問わず)にこだわり始めなければいけません。まずはつまらないミスやプレーなどをなるべく減らし、少しでも上を目指すチームになることが第一歩です。

長くなりましたが、これまで休んでた分を取り返す思いとしてご了承下さい。今シーズンもメッツそして、当戦記をよろしくお願いします。Let‘s Go Mets!!
スポンサーサイト

roster is set 

開幕ロスターが発表されました。厳しい戦いを制した選手も含んだ、計25名です。赤字の選手は今季新たに入団した選手を示しています。

投手
先発陣: ペルフリー、ニース、ディッキー、ヤングカプアーノ
中継ぎ陣: カラスコバーダックバックホルツ、パーネル、ビエトボイヤー
守護神: ロドリゲス

野手
捕手: トーリー、ニケアス
内野手: エマース胡 金龍、デイビス、マーフィー、ライト、レイエス
外野手: デューダ、ハリスへアストン、ベルトラン、ペガン

開幕まであと1日半。Let's Go Mets!

bay watch 

火曜日の練習中に脇腹を負傷したベイ。球団によると、肋骨の筋肉を痛め、開幕のDL入りが決定しました。早い回復に期待です。ベイの代役としてはオープン戦で活躍を見せていたデューダが当面、左翼手を務めます。マイナーキャンプに参加していた大男にとっては願ってもいないチャンスです。またチームにはどの外野のポジションもこなせるベテランのハリスとへアストンも居ます。

Camp News - 03.29.2011 

・開幕前に大きい事態です。今日のオープン戦の練習中にベイが脇腹を痛め、急遽キャンプ地へ戻った事が判明しました。まだ検査は終わってないため、何とも言えませんが、DL入りが濃厚。ベルトランがようやく戦列を復帰しただけに、残念です。とりあえずは検査結果を待ちます。

・どうやら最後の中継ぎ陣のスポットを手に入れたのはボイヤーミッシュアコスタはウェーバーに掛けられ、イスリングハウゼンはチームの要請で開幕はマイナーに残ることとなり、ついに競争も終着です。

ベイの件はともかく、開幕へ向けてチームが成形しつつあります。
開幕ロスターも後日掲載します。

Camp News - 03.27.2011 

開幕まで5日を切っており、開幕ロスターも見え始めています。

・メッツはハリスに開幕ロスター入りを伝えたようです。ベルトランが復帰するとして、開幕ベンチはハリスに加え、ニケアス(ポリーノは開幕から8試合の出場停止)、マーフィー胡金龍へアストンの5名が当確しました。

・ルール5ドラフトで移籍してきたビエトの一軍入りが確定したのを受け、中継ぎの残りの枠は一つのみ。その座を争っているのはミッシュイスリングハウゼンアコスタボイヤーの4名。全選手はチームから外されると、FAまたはウェーバーに掛けられてしまうため、選択がさらに苦難となっています。特に故障持ちのイスリングハウゼンの処遇が注目されます。

・復帰が待たれるベルトラン。実戦に復帰し、今日はついにマイナ―戦で右翼手デビューを果たします。うまくいけば、開幕スタメンも見えてくるはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。