スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

moving on to the future 

メッツは17日、今季20勝を挙げ、最年長サイヤング賞を受賞したR.A.ディッキー投手、ジョッシュ・トーリー捕手とマイク・ニキアスをブルージェイズにトレード。交換相手としてチームはトラビス・ドーノー捕手、ジョン・バック捕手、ノア・シンダーガード投手とウィルマー・ベセラ外野手を獲得。 球団のエースを放出するという"異例"もチームにとっては未来を見据えた大きな"転機"と言えます。トレードの背景と、見返りに交換した両選手をまとめます。

トレードの背景にはチームの未来が大きく存在しました。残念ながらチームは来季優勝はほぼ遠く、状況から見てあと2、3年掛かると言えます。その中で40目前の先発投手がチームの中心ではとても強いチームとは言えません。また、現段階で再契約(球団は来季のオプションを公使しているため来オフまでは残留可)には至ってません(契約額で双方に隔たりがある模様)。その背景には財政が未だ厳しい台所事情を伺え、チームとしては出来るだけ年俸を抑えたいのも事実です。例え来季残留したとしても、オフにはFAとなり見返りはドラフト指名権のみ。現時点でディッキー自身はもし契約延長を結べなければ、チームを出て行くと明言しています。そんな態度で残留させてしまえば、チームの風紀を乱す恐れも予想されます。野球はビジネスでもあると言う事としか今は言えません。

トーリーの移籍は予想していました。ナックルボーラーの大活躍に大きく貢献しただけに、ディッキー専用の捕手として欲しがるのは当然でした。

獲得したのは計4選手。トレードの中心は何と言ってもドーノー。来季で24歳の捕手です。かねてから全米のマイナーリーガーNo.1キャッチャーと評される逸材中の逸材といえます。昨年は3Aラスベガスで.333、16本塁打、52打点を記録。ケガで離脱したため、67試合の出場にとどまり、メジャー昇格にも至らず。打撃成績から想像される攻撃型捕手だけに止まらず、昨年は盗塁阻止率30%をマークしており、強肩もあります。チームはここ数年間、捕手勢の打撃と守備に大きく低下しており、キャッチャーのアップグレードはまさに必須。強打の捕手といえばまず思い浮かべるのはやはり元メッツ・ピアッツア。パワーは劣らなくとも、ドーノーには主砲がチームを去った8年越しの後釜として大きく期待されます。

バックは4球団を渡り歩いたベテラン捕手。打撃はややパワータイプで低打率ですが、盗塁阻止率27%とバックアップとしては良い選手と言えます。今のところドーノーが開幕をマイナーで迎えれば、開幕捕手です。

唯一獲得した投手は1Aの選手ながら、ブルージェイスのトッププロスペクト(若手有望株選手)。シンダーガードは若干20歳の右腕で今季27試合(先発19)に登板し、8勝5敗、防御率2.60の好成績。イニング数(103.2)より大分多い奪三振数(122)と持ち味は高い奪三振率(10.6)と言えます。また、与四球数(31)はきわめて少なく、マイナー通算でも9イニングあたり僅か2.7四球と抜群の制球力を若いながら所持。2010年のドラフトで1巡目に指名されており、とあるマイナーリーガーランキングで40位(ドーノーは18位)に評されるほど、メジャーでもトップクラスの逸材です。

3対4、計7選手の大型トレードでした。紙面ではブルージェイズのトップ3の逸材から2人を獲得したメッツの勝利とされています。特にマイナーリーグ随一の捕手の獲得出来たのが最大の勝因です。今勝ちに行きたいチームと未来を見据えてるチーム。両方の思惑がしっかりはまったと言えます。とはいえサイヤング賞投手が去っただけに、先発陣は手薄状態となります。エースの穴を埋めるのはやはり厳しいです。また、右打ちの外野手も獲得出来てないため、まだまだ忙しいオフになります。
スポンサーサイト

thunder move 

メッツは昨夜、守護神のロドリゲスをブルワーズにトレードしたと発表。球宴休みにまさに寝耳に水。

この動きの最大の理由として、ロドリゲスの契約にありました。今年は実質契約最終年ですが、来年のオプション契約が残っており、今季55試合以上登板した場合、$17.5Mに跳ね上がります。つまり、シーズン後のトレードとなれば、大金のほとんどを負担しなければならないため、球団は早い目に手を打ったようです。頼れるクローザーの移籍はチームにとって痛いですが、長い目でみればいい判断だと思えます。

一方で見返りの選手はまだ決まっておらず、今後決めることになります。現時点でロドリゲスの代役としてはパーネルが最有力です。制球は時折乱れるも、100マイルの剛速球はクローザー向きと言えます。また、かつての名守護神イスリングハウゼンもいます。後半戦を前に動きを見せたメッツ。今後も目が離せません。

in and out 

メッツは31日の試合後、フランコーアをレンジャースにトレードしました。見返りに、若手内野手のアリアスを獲得。フランコーアは今季123試合に出場し、.236、11本塁打、53打点。

JFrancouer_07272010.gifフランコーアは昨シーズン中盤にメッツに移籍。活躍を見せたものの、今季は好調の波が激しく、ベンチに居座る事もありました。最近はスタメンに入るようになったものの、チームは低下を辿るのみ。こうなった以上、球団は放出を決めました。移籍先はア・リーグ西地区を独走中のレンジャース。プレーオフへ射程圏内のチームに移籍できるのはきっと本人も嬉しいはずです。明るい性格で好かれていただけに、居なくなるのは寂しい気もします。

JMejia_06202010.jpgさて、明日はロスターが拡大される初日。メッツは試合後、3Aからメヒアを一軍に上げ、さらにデューダも一軍へ上げることを発表しました。メヒアは先発転向がスムーズに運び、ついに先発投手としてメジャーに戻ってきます。一方、デューダは強打が売りの23歳の外野手。今季途中で3Aに昇格し、.314、17本、53打点と素晴らしい数字を残しています。フランコーアの代役として出場機会が与えられるはずです。

came and went 

メッツは先ほど、ワグナーをレッドソックスにトレードしたと発表しました。見返りに、メッツはマイナーリーガーを2人(名前はまだ明かされていません)を獲得します。

billy.gif長いリハビリを終え、先週の木曜日に復帰登板を果たしたワグナー。これまで2試合に登板し、2回を1四球4三振の成績とあって、他の球団が放って置くわけありません。最も欲しがっていたのはレッドソックスでした。ポストシーズンを目指すチームにとっては、剛速球左腕の獲得は大きいはずです。メッツとしては、レッドソックスがワグナーの今季残りの年俸を払ってくれるため、約$3.2Mを浮かせることに成功しました。一番の注目は、メッツに来る若手選手。発表され次第、掲載したいと思います。

Francoeur to Mets 

ケガ人の続出で攻撃力の低下が課題となっていたメッツ。ついに動きました。ブレーブスの右翼手、フランコーアをトレードで獲得しました。交換相手は同じく、メッツの右翼を守るチャーチ。フランコーアは今年で25歳と、まだ若い、強肩が売りの外野手。2007年には.293、19本、105打点を記録するなど、次世代のスーパースター候補になれる活躍をするも、昨シーズンはスランプに陥り、マイナーで数試合過ごすなどし、評価ががた落ちに。今シーズンはこれまでレギュラーとして.250、5本、35打点を記録しており、今のメッツでは5番・右翼でのポジションが予想されます。チームに少ない右打ち、それに加え、広い守備範囲、強肩はシティ・フィールド向きと言えます。

一方、ブレーブスに移籍するのはチャーチ。2年前のオフにシュナイダーと共にメッツに移籍し、去年は前半戦、チームのMVPでも過言ではない活躍。しかし前半戦の終盤に、脳しんとうで戦列を離れます。しばらくして復帰するも、調子が上がらず、数週間休んでから復帰するも、元の活躍はさすがに出来ず、チームもプレーオフ進出を逃しました。今季はまずまずの活躍も、結局こういった形で、チームを去ることに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。