スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

end of the tunnel? 

ビハインドの展開を終盤にひっくり返し、メッツはダイアモンドバックスにサヨナラ勝ち。

HTakahashi_07312010.gifこの日の先発は高橋。3回までに4三振を奪うなど、素晴らしい立ち上がり。4回には1アウト満塁とされるも、アップトンの犠牲フライによる1失点のみに封じます。5回は3つのアウトを全て三振で記録すると、6回には10個目の三振を奪い、先発の仕事を果たし、降板。

打線は3回にライトのタイムリーで1点返し、同点とします。5回には1アウト二塁からレイエスがライト前に運び、カスティーヨが生還し、勝ち越し。

高橋の降板後に登板したのはパーネル。いきなり先頭の代打アブレイユに二塁打を打たれると、ヒットと四球でノーアウト満塁の大ピンチ。続く主砲アップトンに初球をライト前に運ばれ、走者二人が返り、逆転を許します。ここでフェリシアーノを投入するも、野選でさらに1点加えられ、4-2。しかし続くモンテロを併殺に仕留めると、4番手アコスタがレイノルズを三振に斬って取り、何とか失点を食い止めます。

リードが一転、2点のビハインドの展開となるも、打線には執念がありました。2アウトからこの日バックスに移籍したカラスコ相手にレイエスが四球を選び、続くペガンもヒットで一塁三塁とします。打席には前の日に5打点を稼いだライト。ライト線の内側に転がる二塁打を放ち、走者二人がホームインし土壇場で同点に追い付きます。

CBeltran_07312010.gif
9回に途中出場のJ・フェリシアーノがセンターの頭上を越える三塁打を放ち、一打サヨナラのチャンスを作ります。続くレイエスは浅いゴロを放ち1アウトも、相手ベンチはペガンとライトを敬遠し、満塁で打席にはベルトラン。1-1からライトに深いフライを放つと、フェリシアーノが悠々ホームに返り、サヨナラ。

終盤に追い付き、そして最後はサヨナラ。最近のチームに欠けていた"粘り"が見え、今後に繋がりそうな勝利です。辛い7月を忘れ、8月からは巻き返しを図りたいところ。
スポンサーサイト

out-slugged 

メッツは1点のリードを守れず、ダイアモンドバックスに逆転負け。拙攻の次は、投壊...。

この日の先発はペルフリー。初回に1アウトからヒットと四球で一塁三塁とされると、3連打を浴び、3失点。何とか失点を留めるも、悪夢のような初回でした。しかし3回に味方に逆転してもらうと、4回・5回は無失点に凌ぎ、先発として最低限の仕事をします。

いきなり3点ビハインドの展開も、打線は1回裏に1アウト一塁二塁からライトの16号3ランで同点とします。1点差とされた3回には2アウトからペガンが四球を選ぶと、続くライトの2打席連続となる特大2ランで今度は逆転に成功。

ペルフリーは6回に1アウトからレイエスのエラーで出塁を許すも、2アウトまでこぎつけます。ここで左打者が続くため、左腕バルデスを投入。しかしいきなりジョンソンに逆転2ランを浴びると、連打の後に今度はモンテロにライトフェンスに突き刺さる3ランを許し、投手交代は大誤算となります。この回一挙に5点奪われ、9-5でまたもやビハインドの展開。

打線は7回にペガンのタイムリーで1点返します。しかし8回・9回は1安打のみに封じられ、試合終了。魔の6回が響き、ここ2週間で3勝(メッツのスウィープ)しかしていない相手チームにまたもや敗れ、チームは落ちていく一方。なかなか連勝には繋がりません。

明日勝てないと、勝率5割。先発は高橋が務めます。

hope is there 

IDavis_07292010.gifディッキーの力投が光り、メッツはカージナルスに快勝。
6月末のツインズ戦以来となる同カード勝ち越し。

打線は3回にレイエスとペガンがそれぞれヒットで続き、ノーアウト一塁三塁のチャンスを作ります。ベルトランは倒れるも、続くデイビスが相手先発ホークスワースの初球をバックスクリーンに突き刺さる15号3ランで3点先制。5回にも1点加え、リードを4点とします。

この日の先発はディッキー。初回に2三振を奪うなど、好調な立ち上がり。2回以降は抜群の制球力でスピードの違うナックルボールを低め低めに集め、ゴロの山を築きます。5回を2安打で凌ぐと、淡々とした投球を続け、9回も続投。しかし1アウト二塁から主砲を前の打者を歩かせたところで降板。

RADickey_07292010.gif
代わったロドリゲスはプホルスを1球で片付けると、続くホリデーを見逃し三振に仕留め、試合終了。ディッキーは完封はならなかったものの、今季7勝目で自身の連敗を4でストップ。中3日での先発も難なくこなし、昨日の延長戦で使い切った中継ぎ陣を休ませる大健闘でした。


明日からはダイアモンドバックスと3連戦。フェニックスではスウィープを喫しただけに、リベンジといきたいところです。初戦の先発は悩める右腕、ペルフリー。

wasted comeback 

JSantana_07282010.gif終盤の追い上げも実らず、延長戦の末敗れ、連勝ならず。

この日の先発はサンタナ。初回に2アウトからホリデーに2ランを浴びると、2連打を許すと、続く7番打者を敬遠。8番の相手先発ガルシアとの勝負を選択するも、フルカウントからレフト前に運ばれ、2失点。さらに連打を浴び、初回に自身最多となる8安打・6失点とまさかの炎上。

打線は初回にヘスマンの2点タイムリーで2点返すも、5回まで無得点。5点差とされた6回にはベルトランのソロHRで7-3とします。

サンタナは2回からは調子を取り戻し、5回まで無失点。しかし6回に7点目を許したところで、マウンドを降ります。5回2/3を投げ、自身ワーストとなる被安打13を浴び、7失点の内容で、エースがまさかの背信投球。

エースの降板後はアコスタ、高橋、デセンスの完璧なリリーフで試合は終盤の8回へ。先頭のカスティーヨが出塁すると、続くペガンがライトフェンスのブルペンに2ランを運び、2点差とします。ライトが内野安打で出塁すると、2アウトながら死球と四球で塁を埋めると、打席には代打デイビス。1ボールから一塁二塁間を破るタイムリーを放ち、走者二人が生還し、同点に追い付きます。その後カスティーヨの前に満塁とするも、ショートゴロに倒れ、勝ち越しはならず。

9回からはロドリゲス、パーネルと繋ぎ、サヨナラを待ちます。打線は9回に絶好のチャンスを逃すと、延長戦に入ると拙攻が続きます。先に動いたのはカージナルス。13回に登板したフェリシアーノを攻め、2アウトからプホルスがタイムリーを放ち、勝ち越します。裏の攻撃は3者凡退に終わり、8-7で試合終了。

終盤の粘りは良かったものの、結局試合を長引かしただけでした。明日は何としてでも勝って、勝ち越しを決めたいところです。明日の先発はディッキー。

win to built on 

JNieser_07272010.gifメッツは最多勝候補のエースを攻略し、連敗を2でストップ。

この日の先発はニース。初回に単打3本で1失点。しかし2回からは落ち着きを見せ、好投を続けます。中盤には味方の援護にも恵まれ、6回まで1失点で乗り切ると、7回も続投。しかし安打とエラーでノーアウト一塁二塁とされたところで、マウンドを降ります。


JFrancouer_07272010.gif打線は2回にデイビスの内野ゴロで同点に追い付くと、4回には1アウト一塁三塁からフランコーアが相手先発ウェインライトの浮いたカーブを逃さず、レフトフェンスを遙かに超える3ランで勝ち越しに成功。5回にライトの犠牲フライとベルトランのタイムリーで2点追加すると、6回にはレイエスがトドメの2ランで一気にカージナルスを突き放します。


ニースの降板後はアコスタ、バルデスと繋ぎ、最後はここ数試合で登板機会のないロドリゲスが締め、試合終了。ニースは6回を1失点にまとめ、今月2日以来となる今季7勝目。眠っていた打線はホームで目を覚まし、9安打8得点と遠征の鬱憤を晴らすような猛攻でした。

正念場は続くも、得意のホームで勢いを付けたいところです。明日の先発はサンタナ。
エースで先月の22日・23日以来の連勝を狙います。

move must be made 

メッツは後半戦に入り、4度目の零封負けで2連敗。......。

この日の先発はディッキー。3回までに4三振を奪うなど、最高の立ち上がり。しかし5回にマウンドで足を故障してしまい、6回に2アウトを取ったところで無念の降板となります。

ディッキーの降板後はバルデス、アコスタと繋ぎ、試合は0-0で終盤へ突入。打線は相手先発カーショーに対し4回まで1安打も、5回と6回に2安打ずつを放つなど、徐々に打ち始めます。しかし一向にタイムリーは出ず、結局8回を投げられ、無得点。

試合は8回、4番手のフェリシアーノが2アウト一塁からマーティンにタイムリー二塁打を許し、均整がついに破られます。9回には昨日の試合でプロ入り初登板を果たしたジャンセン相手に3者凡退で終わり、試合終了。

打線はこの日も全く機能せず、7安打で完封リレー負け。こうなった以上、チームを変えるには監督やコーチ陣の更迭など、何らかの大きい処置しかないでしょう。前半戦は終わりに掛けて終息しかけ、後半戦では勢いがまるでなし。時期的にもう後が無いだけに、動けるのは今。球団の未来にも大きく関わることだけに、しっかりとした決断に注目です。

sooner or later 

JLoney_07242010.gif
メッツは延長戦の末、サヨナラ負け。

この日の先発はペルフリー。初回に自らのエラーから1点失うも、3回まで1失点と落ち着いた立ち上がり。4回にはもう1点失うも、大きく崩れることもなく、5回を2失点に封じます。

2点を追う打線は6回、これまで打ち崩せなかった相手先発モナステリオスの降板を機に、反撃ののろしを上げます。1アウトからヒットと四球でチャンスを作ると、バラハスのタイムリーで2-1。さらに塁を埋めると、レイエスのレフト前ヒットでベイが返り、同点に追い付きます。このまま勝ち越しを狙うも、続くカスティーヨが初球に手を出し、ダブルプレーでこの回は2点止まり。

試合は2-2のまま、膠着状態。ペルフリーの降板後はバルデスとパーネルがそれぞれ2イニングを投げるなどし、味方の勝ち越しを待ちます。しかし肝心の打線は7回以降はヒットが一向に出ず、お手上げ状態。試合は結局13回裏に7番手のペレスが1アウトからローニーにサヨナラ弾を浴び、ゲームセット。

またもや試合を落とし、後半戦は2勝8敗と苦しい状態は相変わらず。打線が足を引っ張っています。この日は得点圏でのヒット数は14打席3安打と点が入る場面で貧しい数字。6回までに9安打放つも、試合終了時も9安打と変わらず、工夫も出来ていない状態です。これを早く変えなければ、シーズンはあっという間に終焉します。

明日は勝って、少しでもいい気分でホームに戻りたいところです。先発はディッキーが勤めます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。