スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slow & Fast 

ブルワーズとの2試合目は勝利。
波乱のスタートも勝ち試合。

先発ペレスは初回から波乱の幕開け。
1死1塁で3番ブローンの打球は投手ゴロ。
ゲッツーで回終了と思いきや、送球エラーで続行。
続く4番フィールダーがセンター深くバックスクリーン直撃の3ラン。
自分のミスとはいえ情けないイニング。

しかしメッツ打線は2回に一挙4点。
相手先発・バルガスを攻略します。
続く2回裏には5-4と再び逆転を許したものの、3回に3点追加。
最後は8-5での勝利を収めました。

ペレスは打線の援護もあり勝利投手に。
奪った奪三振数は11。
打ち取った打者のほとんどを三振で切る抜ける内容。
5失点の内、自責点は4で10勝目。(7敗)

最終戦はデーゲーム。
メッツはマイナー契約していた元パドレスのローレンスが先発。
対するは去年のブ軍エース、カプアーノ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/202-fca5308f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。