スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗因 

メッツはブルワーズに競り負け、2連敗。今季観戦初戦は黒星。
リードの守れない投手陣、拙攻が目立った打線と敗因は大いに明らかでした。

先制はブルワーズ。
先頭打者が死球で出塁し、2番キャプラーが2試合連続となる2ランで先制。
しかしメッツ打線の反撃が始まります。
まず初回にライトがバックスクリーンにソロを運び2-1。
プロ通算100号で反撃ののろしを挙げます。
2回に2点奪い逆転し、3回には3点返し、6-2と4点差までリードを拡大。

打線の大きな援護を受けた先発のペレスですが、そう簡単にはいきません。
4回に1死2、3塁とされ、イニング終了まで4失点。試合は再び同点に。
結局5回途中で降板。球威とコントロールに欠け、悪い内容でした。

ペレスの後を任されたのはソーサ。
5回は何とか切り抜けたものの、6回にウィークスのソロHRで勝ち越しを許し、
さらに二死からもう1点失い、流れはブルワーズに傾き始めます。

打線は先頭打者を出すも、ライナーでの併殺も含む計5併殺でチャンスを潰す展開。
7回に1点返すのがやっとで、14安打で逆転負けを喫したメッツ。

明日はオフで火曜から本拠地でナショナルズを迎えます。
惜しい2連敗だけに、是非とも悪い雰囲気を消したいところ。
後日観戦の画像をMets写真館に載せます!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/307-475bd6ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。