スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wright day 

メッツはナショナルズを破り、連勝は2で止め再び5割復帰。
ペルフリーの力投とライトの活躍で今季2度目の完封リレーでの勝利。

先制はメッツ。
1死1塁からライトが3試合連続HRとなる2ランを左に運び2点先制。
その2点でしばらく投手戦になります。

先発は先週今季1勝目を挙げたペルフリー。
序盤から寒さのせいか速球中心を低めに集める投球が冴えます。
3回には1死満塁とされるも、後続を内野フライと空振りに打ち取り無失点。
7回を無失点で投げきり、チーム最多の2勝目を挙げました。

打線は終盤にリードを広げます。
7回裏にライトとベルトラン、それぞれのタイムリーで2点奪い、
8回には2死1、3塁からライトが走者一掃の2ベースでさらに2点追加。
ライトはこの試合で4打数3安打1本塁打5打点とほぼ全打点を稼ぐ活躍。

8回のハイルマンを挟んで9回に登板したのはサンチェス。
1年半の回復+リハビリを経て、大ケガから見事1軍のマウンドに復帰。
最速は91mphながらキレのある球を投げ、1回を1安打1Kで投げ終え、試合終了。

太股を痛め2試合連続欠場していたレイエスがスタメンに復帰。
第一打席から単打、二塁打、三塁打と記録し、残りのHRを打てずサイクルは逃すも、
5打数4安打と4度も出塁し、足の心配がぶっ飛ぶような活躍でした。

本拠地での連戦はあと2試合を残すのみ。
明日も是非勝って敵地に向かいたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/308-91a0861e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。