スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ace performance 

フィラデルフィアでの初戦を制し、今季最多の4連勝。
首位・マーリンズが敗れたため、単独首位に浮上。

先制はメッツ。
初回1死1塁からライトの2ベースでチャーチが還り、1点先取。
4回には再びライトのタイムリー三塁打で1点追加し、2-0。

先発は先週3発浴び、負け投手になったサンタナ。
初のフィラデルフィアでの登板は立ち上がりから好投します。
先頭の田口を見逃し三振で始まり、6回まで9奪三振で僅か被安打1。
7回にアットリーにソロを浴びるも、7回を投げきります。

サンタナの好投で打線も活気がでます。
8回に無死満塁とし、相手先発のハメルズを降板に追い込み、デルガドの1塁ゴロ、
ペガンとシュナイダーの安打で3点返し、4点差とリードを広げます。

しかしサンタナは8回に無死1、2塁とされたところで交代。
サンタナの後を投げたのはハイルマン。
代打のドッブスに3ランを浴び、再び試合は1点差に。
サンタナは7回を3失点、10奪三振としっかりまとめ、勝利投手に。

打線は9回にデルガドの犠飛で1点追加し、ワグナーの仕事を楽に。
見事三者凡退に抑え、今季未だヒットを許さず今季3S目を記録。

明日はペレス対モイヤーの左腕対決。
ペレスは先週の悔いを晴らす投球を期待したいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/311-4ffb8335

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。