スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tacked on 

メッツはカブスに大差で敗れ、2連敗。
終盤までは接戦でした...。

先発は先週やっと今季初勝利を挙げたメイン。
相手先発はカブスのエース、ザンブラノ。先に点を取られてはいけません。
しかし無死1塁から甘くストライクゾーン中心に入った球をラミレスに当てられ、被弾。
その2点は試合を決定づける点でもありました。

メッツ打線は序盤からザンブラノの餌食に。
ボールとストライクの数が同じに等しいも、いつもながらの闘志投球。
6回に無死1、3塁とチャンスを作るも、レイエスの併殺で僅か1点をもぎ取るのがやっと。
結局7回を5安打1失点に抑えられ、打線はエースに歯が立たず。

試合は8回ウラに大きく動きました。
ハイルマンがエラー+死球+単打で無死満塁の大ピンチを迎えます。
後続のデローサを空振り、ソートを内野フライで2死を取るも、
続くセデーニョに強烈なセンター返しを打たれ4-1とリードは3に。
ハイルマンに代わったソーサが途中出場のピエイに3ランを浴びこの回5点。

結局その後相手の守護神・ウッドに3者凡退に抑えられ、試合終了。
明日はデーゲーム。フィガロアが先発します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/314-082dd1f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。