スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

big win 

メッツは接戦を制し、メジャー首位相手に勝ち越し。

我がエース、サンタナ対ウェブに次ぐエース、ハレン。
序盤はやはり投手戦。

まず均整を破ったのはメッツ。
3回に1死2塁とチャンスを作り、レイエスの安打でカスティーヨが返り1点先制。
さらにライトのソロが4回に飛び出し、2-0とサンタナを援護。

サンタナは安打を多少許すも、強気の投球で相手打線を手玉に。
4回に1点失うも、6回をしっかり投げきりエースの仕事。

ところがメッツ打線はここから0の行進。
全くハレンを打ち崩せず、6回に降板するまで手も足も出ず。
7回、サンタナの後を受けて登板したスミスが2死を取るも、
そこから1点失い、惜しくもサンタナは勝ち投手になれず。
スコアは2-2で試合は振り出しに戻ります。

接戦も9回にやっとメッツ打線が復帰します。
ベルトランとアルーの安打で無死1塁3塁と絶好のチャンスを作ります。
続くデルガドの鋭い打球はゲッツーコースで一塁手・ジャクソンのグラブに。
しかし二塁への送球が高く、送球は外野へ流れエラー。ベルトランが生還し同点。
カスティーヨが敬遠で歩き、打者は代打の切り札・アンダーソン。
しっかり右に引っ張り1点追加し、レイエスの犠飛で5-2と3点のリードを奪います。

最後はワグナーが3者凡退で今季7つ目のセーブ。
勝利投手は9回を投げたソーサでチーム最多の4勝目。

明日からは好調のドジャースと3連戦。
初戦はペレスの奮起に期待です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/325-ac5e8d13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。