スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂さ晴らし 

猛攻とメインの好投が光り、連敗は2でストップ。
遠征を3勝3敗で終え、ホームへ向かいます。

ここ2試合チームに欠けていたのは得点圏での数字。
しかしこの試合は序盤からその真逆。

まず2回に相手先発ペニーを捕らえます。
1死からチャーチとペガンの連打でチャンスを作り、アンダーソンの2ベースで1点。
続くカサノバが引っ張り2点、2死からカスティーヨがセンター前に運び計4点。
4回にも1点加え、序盤から一挙5-0とリード。
さらに5回には2死から2点奪いペニーをマウンドから降ろし、
代わったプロクターからさらに4点追加し、11-0とリードは二桁に。

先発はここ最近安定感が出つつあるメイン。
序盤からテンポの良い投球でストライクを取りに行きます。
100球以下で9回にマウンドに上がるも、1死から1点失い惜しくも完封ならず。
そこで降板し完投も惜しくもならず。
8回1/3を4安打1失点でまとめあげ、チームタイとなる4勝目。

明日はオフで金曜からは本拠地でレッズと対戦します。
初戦はペルフリーが先発予定。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/328-a98d0c45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。