スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

double digit 

サンタナの力投と2試合連続の二桁得点でダブルヘッダー初戦、勝利。

メッツは2回に相手先発ベライルの暴投で三塁にいたアルーが生還し1点先制。
3回には無死一塁三塁とチャンスを広げ、ベルトランのセンター返しで1点、
チャーチの進塁打の後アルーのポテンヒットでライトとベルトランが返り4-0とリード。

先発はここ数試合好投しながら勝ちをもらえていないサンタナ。
初回に3安打浴びるも無失点に抑えると、3回までパーフェクト。
4回にエンカーナシオンにソロHRを浴びるも、その裏に打線に2点返してもらいます。
1失点で迎えた6回にはいきなり先頭のフィリップスに三塁打を浴び、その後2点失うも、
最後はパターソンを三振に斬って6回のピンチを脱出し降板。

その裏、サンタナの力投を祝うようにメッツ打線が爆発。
まず2死満塁とし、ライトが押し出しを選び1点追加。
続くベルトランの走者一掃の三塁打で一挙この回4点奪い10-3とリードは7点。
さらに7回にはデルガドとシュナイダーの2者連続HRで2試合連続の12得点。

7回からハイルマン、フェリシアーノ、ソーサで繋ぎ試合終了。
サンタナは久々の勝利で今季4勝目を挙げ、ダブルヘッダー初戦は12-6で終了。

第2試合は夜7:30から試合開始。先発は昨日投げる予定だったペルフリーがスライド。
初戦の勢いをそのままにDHスウィープを狙いたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/329-d3fed000

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。