スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

poor homestand 

メッツは完封負けで2連敗。
貯金の残りを1とし、同地区最下位の球団相手にまさかの負け越し。

序盤から昨日に引き続き投手戦。
メッツ先発のペルフリーは初回から速球で押す投球。
3回に2四球を与えるも、6回終了までノーヒットと堂々の内容。
しかし味方の援護は無く、7回に先頭のブーンに右に運ばれこの日初被安打。
8回を投げるも、1死3塁とされワイズに交代。

打線は序盤からバーグマンを攻略できず、殆ど機能せず。
8奪三振を喫し、まさに手も足も出ず。

8回にロペスの犠牲フライでナショナルズがついに均衡を破り1点先制。
その裏にメッツはレイエスの内野安打でチャンスを作り、カスティーヨのバント。
バントは成功も三塁を狙ったレイエスが刺され続くライトが倒れ反撃できず。
さらに9回にはベルトランが出塁し、1死から盗塁+送球エラーで3塁へ。
一打同点の中、デルガドの打った鋭い打球は一塁側へ。
そのままブーンのグラブに入り、飛び出したベルトランが塁に戻れず、試合終了。

この本拠地での2カードを3勝4敗とし、明日から遠征へ向かいます。
まずはヤンキースが相手。初戦はサンタナがマウンドへ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/335-8c9192f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。