スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

heading out 

相手のエースを攻略し、メッツは2連勝。

打線は序盤、王の持ち味であるシンカーに一苦労。
試合が動いたのは2順目となった4回から。
レイエスの2ベースで無死2塁とするも、続くアンダーソンの投手ゴロで挟まれ1死1塁に。
しかしライトが三塁手の足を抜ける安打を放ち再びチャンスを作ると、
チャーチが野選で全ランナーがオールセーフとなり、アンダーソンが生還し1点先制。
今度はアルーが右に軽く流し、相手のエースからこの回3点奪います。
続くデルガドが鋭く左方向へ打った打球はポールの根本に当たり3ラン!
しかし主審ボブの誤審によりファールとされ、まさかの覆し。
デルガドはその後粘り、右へ引っ張り4-0でこの回にピリオド。

メッツは先週勝って勢いが戻りつつあるペレス。
左打者が多い相手打線を序盤から押していく投球。
味方に4点もらうも、4回裏に先頭のジーターを出してから松井に2ランを被弾。

打線は6回にチャーチの9号ソロで猛攻ののろしを上げます。
8回に1死1、3塁からアルーの犠飛で6点目を加えると、
シュナイダー、カスティーヨの安打で8-2とし、レイエスの3ランでダメ押し。

ペレスはその後調子を上げ、8回もマウンドへ。
2死を取ると、スミスに代わり降板。殆どメッツファンのみとなった球場が歓声に。
7回2/3を僅か3安打2失点に抑え、2連勝で今季4勝目(3敗)。

明日はオフで火曜からはブレーブス戦。
初戦はダブルヘッダーで第1試合はメイン、2戦目はバルガスが先発予定。
因縁の地へこの勢いを維持したいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/337-898f886b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。