スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

outplayed 

メッツは逆転負けを喫し、今季最多の4連敗。
鬼門のアトランタでスウィープされ、開幕以来となる借金生活へ。

サンタナ対ハドソンと両エース対決。先制はメッツ。
2回に先頭のベルトランがハドソンの失投を捕らえソロHRを放つと、
続くデルガドが初球打ちで右フェンス越えアーチを放ち2者連続HRで2点先制。

サンタナは味方のエラーで2回に1点失うも、いい制球で虎の子の1点を守ります。
6回で僅か60球と完投も狙え、無四球で7回に突入。
先頭のジョンソンが二塁打の後ハドソンが三塁に送り、1死三塁とチャンスメーク。
一番打者のインファンテはこれまでサンタナに対し通算19打数無安打。
しかし乗ってるブレーブス、インファンテが軽くセンターにはじき返し2-2の同点にすると、
コッツェイの安打の後、ジョーンズとテシェイラが1点ずつ返しこの回一挙3点で逆転。
何とかフランコーアを併殺に凌ぎイニングは終わるも、2点差で試合は終盤へ。

8回、9回も塁にランナーを置くも、反撃できずそのまま試合終了。
良い形で先制しただけに、エースが先発しただけに、勝ちたかった。
サンタナは通算最多の12安打を浴び、7回に崩れ今季3敗目。

明日からはコロラドでロッキーズと3連戦。
何とか軌道にのるため、勝ちが必要...。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/341-9dc15f29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。