スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

curing win 

初回から得点を重ね、連敗は5でストップ。

先発は今季不調の左腕、フランシス。
先頭のレイエスがセンター前に運ぶと、続くカスティーヨとライトの四球で、
無死満塁の大チャンスで、打順は4番ベルトラン。
初球を叩き、左中間を割る走者一掃の二塁打で3点先制。
タティースの安打で無死一塁三塁とし、デルガドの三振の後、
カストロのライト前ヒット、今日AAから呼ばれたエバンズが二塁打を放ち、
この回一挙に5得点で昨夜のサヨナラ負けから一転し好調な出だし。

先発は今季2敗のバルガス。火曜に投げたため、中3日での登板。
初回にホリデーに2死からソロHRを浴び、3回にも1点許すも、
ストライクを積極的に取る投球でロッキーズ打線をねじ伏せます。
圧巻は4回。無死からヘルトンに四球を与えるも、その後3者連続奪三振。
打線の援護もあり、7回を2失点でまとめ今季初勝利。

メッツ打線は2回にライトのソロ、8回にエバンズの二塁打などで加点し、
デルガドの2試合連続HRでとどめを差し、終わってみれば9-2で快勝。

昨夜太股を痛めたアンダーソンのDL入りに伴いメジャー昇格を果たしたエバンズ。
プロ初打席の初球を叩き二塁打。さらにもう2本二塁打を放ち、上々のデビュー。
このチャンスで不調なチームに活気を与えたいところ。

明日は5連敗で始まった今遠征の最終日。
いい流れで本拠地に帰るためにも、もう一つ勝ちたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/343-e46da7e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。