スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

crisp Mets 

メッツはドジャースを快勝で破り3連勝。
首位とのゲーム差を4とし、今季26勝26敗で遂に5割復帰。

相手先発はメッツがカモとしているドジャースのエース、ペニー。
3回に2死からカスティーヨが四球を選び、続くライトが甘く浮いた速球を叩き、
レフトフェンスを悠々と越える2ランでメッツが2点先制。

4回は2死から打席には先発投手・バルガス。
ゴロをショート引っかけ、3アウトでイニング終了かと思いきや、
バルガスの振ったバットに捕手マーティンのミットが接触し、主審が打撃妨害が宣告。
イニングは続き、レイエスの安打の後カスティーヨの二塁打で4-0とし、
ライトが右フェンスを越えるこの試合2本目となる2ランを放ちこの回で一挙4得点。

先発は先週中3日で好投を見せたバルガス。
初回に味方の守備に助けられ無失点で切り抜けると、
さらに味方の打線にも支えられ5回までパーフェクト。
しかし5回に先頭の主砲ケントに失投を捕らえられHRを許し1失点。
さらに一人走者を置いてデウィットに2ランを浴び、リードはあっという間に3点に。
6回は1死一塁二塁とピンチを迎えるも2アウト目を取って降板。
5回2/3を4安打4失点と及第点も、味方の助けで今季2勝目。

その後はフェリシアーノ、ムニョス、ショーンワイス、スミスがそれぞれ無失点で凌ぎ、
さらに打線も7回にダメ押しの2点を追加し8-4で試合終了。

明日挑むは20歳のルーキー左腕・カーショウ。
連勝を延ばし、貯金生活への復帰を狙います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/348-fc802791

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。