スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

seesaw game 

メッツはシーソーゲームの末に敗れ、連勝は3でストップ。

メッツの先発は先週痛恨の一発を浴び、惜しくも負け投手になったメイン。
初回に2死から3点失い、立ち上がりから球数が増えます。

打線が挑むのは20歳のルーキー、カーショウ。
初回に先頭のレイエスの内野安打で出塁し、
カスティーヨが高めの速球を強振し、1点差に迫る2ランで3-2。
その後3回にベルトランの犠牲フライで同点にするも、
4回にメインがマーティンにソロHRを浴び再びドジャースが勝ち越し。

メッツは5回にレイエスの併殺崩れで追い付き、
2番手の朴から7回にカストロのゴロで1点追加し勝ち越しに成功。
しかし8回途中、無死一塁でに登板したハイルマンが4連打を許し、
1アウトも取れぬまま降板し、ショーンワイスを投入し何とかイニングを終えるも、
9-5とリードを逆に奪われ、この回一挙5失点。

結局打線はブロンクストンと斎藤に打ち取られそのまま試合終了。
明日はペルフリーが先発枠の残留を賭けて登板予定。
ここまで良い流れで来ているだけに、連敗は避けたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/349-365397bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。