スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

one swing win 

メッツは逆転勝ちでドジャースを破り、再び勝率.500復帰。

先発は先発枠での生き残りをかけての登板となったペルフリー。
初回に無死から2連打を浴び1点失うも、2回以降から制球が定まり始めます。
4回にもう1点許すも、8回まで9者連続凡退と尻上がりの内容。
7回7安打も2失点に抑え、6奪三振の内容で首脳陣に大アピール。

しかし打線はペルフリーの好投を見殺しに。
速球派の相手先発ビリングスリーに手も足も出ず、塁に走者を置いても点を奪えない展開。
結局ビリングスリーにメッツ打線は7回を4安打のみに封じられ、
打線に終盤、ドジャースの強力ブルペンが立ちはだかります。

8回に対するは剛速球のセットアッパー、ブロンクストン。
先頭のライトが二塁打を放つと、続くベルトランが甘いスライダーをライトスタンドに2ラン。
あっという間に2-2と同点に追い付き、デルガドもそれに続きセンター前に運びます。
そのデルガドの代走・エバンズをイーズリーが犠打で1打勝ち越しのチャンスを作るも、
6番シュナイダーが敬遠され、打席は先日サヨナラ安打を放ったタティース。
初球を空振りするも、続く2球目をしぶとくセンター前に返しエバンズが生還。

1点差のまま9回に入り、マウンドにはもちろん守護神ワグナー。
マーティン、イーシアー、デウィットを3者連続三振に仕留め、3-2で試合終了。

今季いつもなら負ける展開も、8回に一挙逆転を決めたメッツ。
明日も勝ってドジャースに勝ち越しを決めたいところ。
サンタナ対黒田、観戦に行ってきます!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/350-d6b059d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。