スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gamble paid off 

伏兵の逆転打でダブルヘッダー2試合目は何とか勝利。

メッツの先発は今季本拠地で初登板となるペドロ。
立ち上がりからいつもの制球が見られず、初回に1点、3回にも1点許すも、
それ以降は立ち直り、制球が安定する尻上がり投球。

一方、打線は3回裏に2アウトから反撃。
まず2死からレイエスが振り逃げで出塁し、続くカスティーヨの安打で一塁三塁。
ライトとベルトランが連打を放ちスコアを2-2のタイに。

味方の援護を受けたペドロ。4回以降は6回までパーフェクト。
その裏、メッツは2死満塁とチャンスを作るも打順はペドロ。
まだ投げさせたい展開も、ここで賭けに出ます。
左投手に対し代打は唯一ベンチの右打者、3番手捕手のキャンセル。
追い込まれるも、しっかり内野を抜けるタイムリーで走者二人が返り勝ち越し。

ペドロの後はフェリシアーノ、サンチェス、ワグナーが無得点で切り抜け、ゲームセット。
6回を2失点に抑えたペドロが今季2勝目。

伏兵の一打が決勝打となり、レンジャーズに勝ち越しを決めたメッツ。
明日からは再び西へ。ア・リーグ西地区の首位・エンゼルスと3連戦。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/365-af3bc481

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。