スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

climbing up 

鮮やかな逆転勝利でロッキーズを下し、2連勝。
36勝36敗と久々に5割に復帰し、フィリーズとの差は一気に縮まり4.5ゲーム差。

メッツ先発はここのところ勝ちに恵まれていないメイン。
初回に先頭打者タベラスにヒットを浴びると、続くベイカーに2ランを被弾。
試合開始早々いきなり2失点と最悪の立ち上がり。

しかし打線がすぐさま反撃。
その裏、無死からベルトランが安打で出塁し、デルガドの2ランで同点。
1死となった後、イーズリーとシュナイダーが連打でチャンスを作り、
メインが倒れた後、2死からレイエス、チャベス、ライトの連打で3得点。
出鼻をくじかれたメインに打線はこの回一挙5得点と大援護。

援護をもらったメインは2回以降は落ち着きを取り戻します。
7回途中でピンチを迎え2死でスミスに交代し、降板。
結局6回2/3を初回の2失点のみに抑え、今季7勝目。

打線が復調気味のメッツ。
今日の先発、ペドロも援護したいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/370-94ee0945

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。