スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

satisfying road trip 

ペルフリーの力投が光り、今季西海岸での最終戦を勝利。

昨日と同じく、初回に先頭のレイエスが三塁打で出塁し、
1死からライトの内野安打でメッツが1-0と1点先制。
3回には2死からライトが四球を選ぶと、4番ベルトランの2ランで2点追加。

メッツの先発は先週アナハイムで6失点ながら久々の勝利を挙げたペルフリー。
初回に1死から一塁二塁とピンチを迎え、なお続くヘルトンにカウント0-3。
4球目は暴投で捕手カストロが後逸しボールは真後ろへ。
しかし三塁ランナーの進塁が遅く、ペルフリーがタッチし、ホームでアウト。
2死とし、後続のアトキンズを空振り三振に仕留め、イニング終了。

初回のピンチを切り抜けたペルフリーは、毎回走者を背負うも6回まで無失点。
しかし6回に2死一塁二塁でホリデーを迎えたところで降板。

ペルフリー降板後はスミスが1回1/3を1失点に切り抜け、
サンチェスとワグナーが8回と9回をきっちり抑え、3-1で試合終了。

アナハイムから始まった遠征は監督の交代から始まりました。
終わってみれば4勝2敗できっちり勝ち越しを決めた遠征。

明日から本拠地でマリナーズと数年ぶりの対戦となる3連戦。
この流れを維持し、ホームでも勝ち越しを狙いたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/372-45a3cf0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。