スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hot finish 

メッツはロッキーズに快勝し、2000年以来となる9連勝。
前半戦を絶好調で終え、今季51勝44敗の貯金7で球宴休みへ。

初回からメッツのペース。
1死からエバンズのヒットとライトの四球で一塁二塁とし、続くベルトランの3ランで先制。
2回の2死からレイエスのタイムリー、4回のエバンズの犠飛で相手先発レッドマンをKO。
5回には2番手のスパイアーからデルガドがダメ押しの2ラン。
試合序盤で7-0と留まることを知らない打線。

メッツ先発は絶好調のペルフリー。
速球中心ながら、時折高速シンカーを効果的に使い打ち取る投球。
初回に先頭打者に安打を許すも、次の打者を併殺に打ち取り無失点。
4回と5回にもピンチを併殺で凌ぎ、8回まで無四球、許した安打は6。
8回をしっかり投げきり、6連勝でチーム最高に並ぶ今季8勝目(6敗)。

フィラデルフィアから始まったこの連勝。
.500周辺に低迷していたチームが息を吹いたように前半戦を終了。
後半戦は木曜から、シンシナティでレッズとの4連戦を迎えます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/393-37265032

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。