スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tenth miracle 

メッツは大逆転勝ちで後半戦初戦を制し、連勝は続く。
17年ぶりとなる10連勝でついに首位浮上。

メッツは4回にデルガドの2ランで先制し、サンタナを援護。
しかしそのサンタナ、4回1死から制球が乱れ、ダンとエンカーナシオンに2者連続HRを被弾。
さらに2死から一塁三塁とされ、ブルースとケッピンジャーに連打を浴び3失点。
2発を含む計5失点で5回に代打を送られ、エースとはほど遠い内容で降板。

一方打線は5回にライトの2点タイムリーで1点差とし、
さらに6回にタティースの2ランで逆転に成功。
しかし7回にハイルマンが2死から満塁と絶体絶命のピンチを作り、
代わったショーンワイスが代打バレンティンに走者一掃の三塁打を浴び8-6でレッズが逆転。

2点ビハインドで9回表。マウンドにはレッズの守護神コーデロ。
レイエスが三振で早々と1アウト。
しかし代打A・レイエスがセンター前にヒットを放ち、続くライトの2ランで同点。
ベルトランとイーズリーが連打で繋ぎ、デルガドのレフト前ヒットで勝ち越しを決め、
続くタティースの二塁打でこの回4点目を入れ、コーデロをKO。

最後はワグナーが3者凡退に抑え、試合終了。
後半戦初戦は劇的な逆転勝利で連勝を10に延ばしたメッツ。
レッズとの2戦目はメインをマウンドに送ります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/394-d7952e3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。