スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no closer 

メッツは終盤にまさかの逆転を喫し、フィリーズ戦初戦は負け。

初回にフィリーズが2死から3連打で1点先制。
しかし3回に1点返し追いつくと、2死からデルガドの勝ち越し2ランが飛び出し3-1。
6回にもカストロの2ランで加点し、エース、サンタナに5点の援護。

先発のサンタナはその援護にしっかり答え、8回を2失点にまとめる内容。
変化球を上手く使い、フィリーズの打者のバランスを崩す投球。

9回はいつもならワグナー。しかし腰痛のため、代役はサンチェス。
いきなり3連打を許し、スミスに交代。
スミスは内野安打で2点差に迫られ、今度はフェリシアーノを投入。
打席は代打田口。浅めに守っていたチャベスが追いつけず、打球は右翼手越え。
2点二塁打で5-5と試合は振り出しに。
フィリーズは打順が回ってロリンズ。初球を引っ張り、7-5でフィリーズが勝ち越し。
さらにもう1点許し、4投手が6失点でイニング終了。

裏に1点返すも、それがやっとで試合終了。
ワグナー不在が響き、まさかまさかの逆転負け。
傷心の負けで明日、明後日と引きずるのは必須。
まず明日、勝ちたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/398-42343904

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。