スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

outpowered 

メッツはマーリンズの破壊力に飲み込まれ、遠征初戦は黒星。

メッツは2回にベルトランを一塁に置き、タティースの三塁打で1点先制。
続くイーズリーも初球を右へ流して、メッツが2点先制。

メッツの先発は先週久々に好投し勝利を挙げたメイン。
序盤に点をもらい、4回まで6三振を奪ういい立ち上がり。
しかし5回に2球投げたところでベンチから球団トレーナーがマウンドへ。
続投するも次の球をベイカーにライトスタンドへソロHRを許し、スコアは2-1。
続く相手投手ノラスコを打ち取るも、4回1/3で結局降板。
試合途中の公表では右肩に違和感を感じたようで、今後の影響が心配。

2番手にマウンドに上がったムニィスはその回の後続を抑えるも、
6回に2死から捕まり、マーリンズに1点許し、試合は2-2の同点。

メッツは8回に1死一塁三塁とし、タティースの併殺崩れで勝ち越し。
しかし3-2で迎えた8回裏、スミスがいきなり1失点で同点を許し、
今度は代わったショーンワイスが2連打を浴び、マーリンズが勝ち越し。
さらに内野安打で無死満塁と絶体絶命のピンチ。
しかし途中出場のアメゼガと先頭打者のラミレスを何とか打ち取り2アウト。
代打アンディーノに2ストライクと追い込くも、暴投で全ランナーが進んで5-3。
さらに次の球をアンディーノに走者一掃のタイムリーを浴びて7-3。

8回に一挙5点奪われ、為す術もなく試合終了。
初戦は快進撃を続けるマーリンズの勢いにやられ、連勝ならず。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/405-aadfc2f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。