スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

up-hill battle 

メッツはマーリンズを僅差で破り、2連勝。

メッツは初回に昨日のヒーロー、ライトの一打で先制。
1死からマーフィーが内野安打で出塁し、打席は昨日サヨナラ弾を放ったライト。
2ストライクと追い込まれた後、甘い速球をライトスタンド遙か彼方に運ぶ先制2ラン。
4回にはデルガドのソロが飛び出し、中盤に3点目。

先発は今季同地区相手に強さを持つペレス。
初回を3飛球で片付けるも、2回に1死満塁といきなりピンチ。
しかし続くベイカーと相手先発ノラスコをしっかり抑え、無失点で切り抜けます。
ペレスはその後6回にラミレスに四球を与えるまでランナーを出さず、
粘りの投球が光り、7回を2安打無失点に抑える最高の内容で降板。

後に託すはワグナーのDL入りで不安定な中継ぎ陣。
今日は8回を3者凡退に抑えたハイルマンが9回も続投。
この回も3者凡退に抑え、今季初セーブを記録し、試合終了。

好投のペレスは今季8勝目。
先週はフロリダでマーリンズに負け越し、ヒューストンではまさかのスウィープ。
昨日は何とかパドレスに勝ち越しを決め、今日はしっかりマーリンズとの初戦を勝利。
首位フィリーズが敗れたため、10日間が過ぎてもゲーム差はまだ肉薄の1.0。

大事な試合は続きます。次戦も勝って勝ち越しを早く決めたいところ。
明日はAAAからストークスがローテの穴を埋めるため、急遽先発マウンドへ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/406-b9aa14a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。