スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

young guns 

メッツは打撃戦を制し、3連勝。

試合は初回にいきなり動きます。
1死からエバンズとライトが連打で二塁三塁とし、
相手先発オルセンの初球を続くベルトランが捕らえ、フェンス直撃の二塁打で2点先制。
さらに続くデルガドのフルカウントからライトスタンドを遙かに超える2ランで4-0。

メッツ先発は急遽先発を任されたストークス。
自慢の速球を軸に、スライダーとチェンジアップを織り交ぜる投球で3回まで無失点。
3回にはカントゥに2ランを浴びるも、4回・5回はそれぞれ3者凡退で勝利投手の権利。
しかし6回に2死からジェイコブスに同点2ランを許し、結局次打者にヒットを打たれ降板。
5回2/3を4失点とメッツデビューはまずまずの内容。

一方、メッツ打線はすぐさま反撃します。
タティースとイーズリーが連打で一塁三塁のチャンスを作り、キャンセルのゴロで勝ち越し。
9番の投手への代打はメジャーに昇格してから打ちまくっているマーフィー。
2-2から体をひねりながら放った打球はレフトフェンスをわずかに越えるプロ第1号2ラン。
貴重なダメ押し2ランでこの回4得点でマーリンズを突き放なすことに成功。

その後はベルトランのソロで8-4とリードを4点とするも、
4番手のスミスが8回に2失点と、マーリンズの反撃で差は僅差の2点差。
しかし最後はハイルマンが無失点に抑え、試合終了。

ハイルマンの2夜連続セーブで、マーリンズに勝ち越し決定。
明日も勝ってスウィープといきたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/407-84414c59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。