スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

shook off 

メッツはパイレーツの終盤の追い上げを振り切り、5連勝。

初回にレイエスの先頭打者HRで先制し、なおも1死からライトが出塁。
続くベルトランの二塁打でライトが生還し、2死からのタティースのタイムリーで3点目。
2回にはレイエスの三塁打で1点追加し、4-0の4点リードで2回終了。

メッツ先発は先日好投したものの、中継ぎ陣の崩壊で勝敗つかずだったペドロ。
この試合では初回から速球が走らなかったのか、変化球中心。
速球狙いのパイレーツ打線を揺さぶり、翻弄させるベテランらしい投球で7回まで無失点。

しかし7回に先頭のラローシュ弟にソロHRを浴び、1失点。
さらに連打で無死一塁二塁とピンチを広げてしまうも、後続を断ち、7回1失点で降板。

メッツは6回にカストロの2ランでダメ押しに成功し、
8回にもマーフィーの押し出し四球で7-1でパイレーツに6点リード。

大量リードの9回のマウンドにはAAの守護神クーンズ。
6日ぶりのマウンドのせいか、制球があまり見られず、4安打浴び3失点。
1死を取るのがやっとで、試合はあっというまに僅差の3点差。
しかし何とかスミスとフェリシアーノで逃げ切り、試合終了。

ペドロは力投が光り、DL入りする前以来の勝利で今季4勝目。
パイレーツとの4連戦はあと2試合。
5連勝の勢いで、明日にも勝ち越しを決めたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/414-809b2e26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。