スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Del-got-do 

メッツはサヨナラ勝ちを収め、ブレーブスのスウィープを完成。
3連勝+フィリーズ負けで2位との差は今季最多の2.5ゲーム差。

初回にブレーブスがエスコバーの初球先頭打者HRで1点先制。
メッツもその裏に1点返し、1-1のスコアで試合開始。

1-1の3回に2死三塁からデルガドのタイムリーで勝ち越し、
5回にはライトの2試合連続となるソロHRで3-1とメッツがリード。

メッツの先発は先週、力投し勝利投手となったペドロ。
初回にHRを浴びるも、それ以降は立ち直り、6回まで無失点の投球。
速球と変化球の緩急をうまく使い、ブレーブス打線を翻弄。

しかし6回に2死二塁から、主砲ジョーンズを敬遠気味に四球。
続くマキャンに甘く入ったチェンジアップを痛打され、走者二人が返る同点二塁打。
さらに続くインファンテにポテンヒットを許し、この回一挙にブレーブスが逆転。

メッツ打線は7回に反撃開始。
1死からエバンズが左翼線へ二塁打を放ち、同点のランナーとして出塁。
ライトが空振り三振で2死も、続くベルトランが四球を選び2死一塁二塁。
チャンスに打席は一昨日に殊勲打を放ったデルガド。
2ストライクと追い込まれるも、何とかバットに当て、一塁方向への内野ゴロ。
そのゴロを相手一塁手と投手の連帯がうまくいかず、一塁セーフ。
エバンズが生還し、4-4と試合は振り出しに。

8回と9回は継投で凌ぎ、しっかり抑え、舞台は9回裏へ。
1死から今度はライトが二塁打を放ち、一打サヨナラのチャンス。
ブレーブス・バッテリーは続くベルトランを敬遠し、デルガドとの勝負を選択。
そのデルガド、カウント1-1からのボールを捕らえ、左方向への強いライナー打球。
スライディングで捕球を試みたインファンテが届かず、ライトがヘッドでホームイン。

劇的なサヨナラでブレーブスからスウィープ達成。
ヒーローは間違いなくデルガド。5打数5安打3打点+サヨナラ安打。
勝利投手は8回途中から無失点のアヤラ。メッツに移籍してから初勝利。

明日からはアストロズをホームに迎えての4連戦。
初戦はサンタナ対オズワルトの両エース対決。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/419-1ac58daf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。