スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

let down loss 

メッツはブレーブスに逆転負けを喫し、まさかの負け越し。
今日ダブルヘッダーをスウィープしたフィリーズとの差は1.0。

初回にブレーブスが1点先制するも、すぐさまライトのソロで同点。
2-1の3回にはライトの二打席連続となる2ランで逆転に成功。
今季31号はプロ入り最多の数字で得意の9月を満喫中。
4回にも1点追加し、スコアは4-2。

メッツの先発はペレス。
序盤に制球が安定せず、1回と3回で1点ずつ失い、2失点。
しかし4回以降は落ち着きを見せ、7回まで無失点。
結局7回を2失点にまとめ、踏ん張りの投球でしっかり試合を作り、降板。

4-2のまま、試合は9回へ。
マウンドにはメッツに移籍してから、セーブ失敗が1度しかないアヤラ。
しかし先頭の二人を塁に出し、代打ノートンに逆転3ランを被弾。
後続の中継ぎ陣も2点許し、9回に5点奪われ、ブレーブスが一気に逆転...。

結局その裏は為す術もなく、試合終了。
アヤラはこれまでの成果を考えると責めるのは無理。
しかし痛く、辛い敗戦で遠征に向かいます。

明日からはワシントンD.C.で4連戦。
この流れを変えるためにも、初戦は勝ちたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/440-a87d8d3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。