スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

behind the wall 

メッツは投打が噛み合わず、ナショナルズとの初戦を勝利で飾れず。
痛い連敗で、試合の無かったフィリーズとの差は肉薄の0.5。

メッツ先発はここ数試合打ち込まれているペドロ。
初回にいきなり無死一塁三塁のピンチを迎えるも、
続くジマーマンを併殺打で打ち取り、さらに後続を断ち、初回は1点のみ。
その後は2回、3回と制球が冴え、無失点の投球。
味方に3回に同点にしてもらうも、4回に1失点、6回に2失点。
6回を粘って投げたものの、4失点の良くも悪くもない内容で降板。

ペドロの降板後の7回には2死から登板したサンチェスが立て続けに四球、安打、3ラン。
6点ビハインドとなり、打線は8回に1点入れるのがやっとで試合終了。
打線は相手先発ラナンに手も足も出ず、8回まで僅か1安打。
終わってみれば、5安打2得点と苦しい内容。

メッツは明日、ペルフリーに託します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/441-6150a9bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。