スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

falling fast 

ナショナルズに無得点に封じられ、大事な時期に3連敗。
フィリーズが勝ったため、メッツはついに首位から落下。

序盤から両先発による投手戦。
メッツの先発ペルフリーは4回まで無失点も、
5回に制球が乱れたところを突かれ、1失点。
しかし7回をその1点のみで抑え、持てる力を全て出して降板。

一方、肝心な打線は相手先発ペレスに8回まで2安打。
8回に疲れの見えたペレスを攻め、1死から一塁二塁のチャンス。
しかし後続のレイエスとチャーチが倒れ無得点。

最後のチャンスをものにできず、9回はライト、ベルトラン、デルガドがそれぞれ凡退。
結局この試合で4安打、2試合で9安打と精彩に欠け、同地区最下位に2連敗。
ペルフリーは好投も、援護が無く、今季二桁10敗目。

メッツの明日の先発は北京でアメリカ代表として銅を獲得したブランドン・ナイト。
負けられない状況の中、メダルをもった右腕に託します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/442-926d2216

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。