スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a new season 

オフシーズン、最初の投稿です。
フィリーズのワールドシリーズ制覇の傷も癒え、いよいよストーブリーグが開幕。
新球場をオープンするメッツの動向をどんどん載せようと思っています。

FRodriguiez_donedeal.jpg
メッツは9日、去年、シーズン最多セーブ記録を樹立したエンゼルスの不動の守護神、
Kロッドことフランシスコ・ロドリゲス投手と契約を結んだもようです。
情報によると契約期間は3年間、年俸は総額3700万ドル(37M)とのこと。
フィジカルに無事通ってから、契約が成立に至ります。

去シーズン途中でワグナーを無くし、守護神不在でプレーオフ争いを強いられたメッツ。
頼れるクローザーの補強はチームの最大の補強ポイントでした。
当初は長期契約に高年俸を望むロドリゲスには大金が必要なため、
メッツはあまり強くは獲得の意志はもっていませんでした。
しかし先週末にミナヤGMがロドリゲスと会食をし、さらに月曜日にはオファー。
希望していると予想されていた5年7500万ドルの大型契約ではなく、3年と安めの契約内容。
ミナヤ得意の作戦でロドリゲス側が折れた可能性があります。

入団会見までは意見は書きません。
メッツのストーブリーグ、最初の補強は守護神でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/455-c0fce24c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。