スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

thining roster 

オープン戦通算20試合目となる今日、メッツはオリオールズを4-0で破りました。その中で、復帰した男がいました。メキシコ代表でWBCに行っていたペレスが復帰マウンドで、上々の内容を残しました。3回を無失点に抑え、許した四球は2つ。代表では制球が乱れるなど、ワーレン投手コーチが不在のせいか投球フォームも変えており、元に戻すのは大変と見られる中、強気の投球内容でした。

ロスターカットで選手の数が一挙に減っています。注目していたスウィッツアーは惜しくも本日カット。マイナーで活躍し一軍復帰を果たしてもらいたい。一方で、各競争が比較的落ち着いてきました。若手左腕ニースは開幕をマイナーで迎えるため、先発5番手の座はヘルナンデスに当確。中継ぎ争いではルール5ドラフトで入団したオーデイが開幕一軍濃厚です。左のスペシャリスト争いですが、ベテランのビローンのみ残りました。首脳陣はもしかしてフェリシアーノだけで十分と考えてるのかも...。

尚、諸事情により明日から一週間は更新いたしません。WBC組も戻り、いよいよオープン戦も終盤になり、最終調整に入ります。ケガ無く、開幕を迎えることを祈りたい...。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/475-1fc8c890

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。