スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

quiet loss 

9回の追い上げもむなしく、メッツは敗れ、連敗は今季最多となる3。

メッツの先発はメイン。先週は3回に突然崩れ、敗戦投手になり、巻き返しが期待されていました。初回にいきなり無死二塁三塁とピンチを迎えるも、主砲プホルスの犠飛の1点のみと失点を最小限に抑えます。しかし3回と4回には四球から連打を浴び、2点ずつ失い、4回までに5失点と苦しい内容。特に相手投手に与えた四球が余計でした。結局5回2/3を5失点の内容で、大した活躍はできず。

一方、打線は3回に同点に追いつくも、それ以降は相手先発ピネイロをまったく攻略できず。奪三振はゼロも、打ち取るピッチングで5回からは9回まで許したヒットはゼロ。9回には何とか先頭のライトの二塁打でピネイロを降板に追い込むも、後続の投手から1点返すのがやっとで試合終了。

明日はデーゲーム。ヘルナンデスに連敗ストッパーの仕事を託します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/490-a630c48f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。