スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

poor start, poor result 

メッツはカージナルスに競り負け、4連敗。苦しい戦いが続いています。

先発はヘルナンデス。初回に味方に1点もらうも、裏に2死からプホルスに2ボールと有利なカウントからライトスタンドに突き刺さる同点弾を浴び、すぐさま1-1。その後3回まではその1本のみに抑えるも、4回に1死二塁から崩れ、計3失点。5回にはプホルスにこの日2本目の2ラン、1アウトから今度はアンキールにソロHRを被弾し、KO。4回1/3を7失点と散々な内容で、連敗ストッパーどころか、ろくに試合も作れず。

一方、打線は初回に1点取るも、毎回の拙攻。最大のチャンスは5回。1死満塁とし、ライトのタイムリーで4-2。流れを引き寄せるべく、続く打者はシェフィールド。ところが2ストライクと追い込まれ、バットに当てただけの併殺打でイニング終了。試合を作れない先発、貧打に苦しむ打線、こんな状態では勝てません。

試合は6回に3番手のグリーンが4点失い、8点差と完全にカージナルスのペース。打線は7回にチャーチが2ラン、8回にはベルトランが3ランをそれぞれ放つも、空砲に。終盤の反撃も及ばず、結局12-8で試合終了。明日からはホーム戻り、開幕から精彩を欠いているナショナルズとの3連戦。初戦はサンタナ。新球場で仕切り直しです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/491-0ea503b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。