スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

relieving outing 

メッツはナショナルズに快勝し、2連勝。ペルフリーの復調が最大の成果でした。

初回に2死一塁二塁とし、続くライトのセンターフライを中堅手デュークスがキャッチできず、走者二人が生還。その後にもう1点追加し、相手の悪守備に助けられ、3点先制。2回と3回にも1点ずつ奪うなど、4回まで5-0とメッツが試合の主導権を握りました。

メッツの先発はペルフリー。1度登板を回避したため、登板するのは約2週間ぶりとどのような投球をするのかは未知数でしたが、3回まで無失点といい立ち上がり。4回と6回に1点ずつ失うも、打ち取るピッチングが功を奏するなど、持ち味を十分に生かしていました。5回2/3を2失点の内容で降板し、首脳陣、そしてファンも一安心させる投球でした。

打線はその後7回に3点奪い、ナショナルズを突き放し、8-2で勝利。昨日得点圏で苦しんだ打線(18打数2安打)が復調気味でした。明日はペレスでスウィープを狙います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/494-9314eeb9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。