スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

carrying the team 

ベルトランの大活躍で、メッツはブレーブスに逆転勝ち。

メッツの先発はメイン。初回は無失点も、2回に制球難から無死満塁のピンチを迎え、3失点と立ち上がりでつまずいてしまいます。しかし3回を2三振で切り抜けると、落ち着きを見せ、3回から5回まで許した安打は0。

打線は相手先発バスケスに手こずり、4回までノーヒット。しかし6回に先頭のマーフィーがヒットで出塁すると、突如バスケスの制球が乱れ、続くベルトランの2ランで1点差に詰め寄ります。続くデルガドのヒットの後、今度はライトが2ランを放ち、2本の2ランで一気に逆転に成功。7回にはベルトランが再び2ランを放ち、ダメ押しで6-3。

メインは6回で降板し、パーネル、プッツ、ロドリゲスで繋ぎ、試合終了。全得点は3本塁打からと、今季としては珍しい一発攻勢の試合でした。メインは6四球も粘りの投球が報われ、2連勝で今季2勝目。開幕から絶好調のベルトランは3の2、2本4打点で打率は.400に。

明日はヘルナンデスでブレーブスとの2連戦のスウィープを狙います。メッツは川上と初対決。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/501-182e22f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。