スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hot in May 

メッツは終盤のビッグイニングでパイレーツを下し、5連勝。5月に入って6勝1敗と、メッツは絶好調です。

初回にデルガドの2点適時打で2点先制し、今季初登板のニースを援護。ニースは3回に2点を失うも、それ以外は無難なピッチング。キレのあるカーブに加え、最速90マイルながら重みのある速球を中心に、パイレーツ打線を6回2失点の内容で見事先発の役目を果たしました。スコアが同点のまま降板し、勝敗つかずも、次の先発はほぼ手中に。

打線は初回の2点から後が続かず、7回まで無得点。しかし8回にレイエスの安打、カスティーヨの四球で無死一塁二塁のチャンスを作り、続くベルトランのヒットで勝ち越し。すかさずデルガドも3ランで続き、とどめを刺します。さらにもう1点追加し、一挙5点を奪い、一気に勝ち越し。

ニースの降板後はグリーン、高橋建と繋ぎ、8回を3者凡退に抑えたパーネルがメジャー初勝利。終わってみれば7-3の快勝で連勝を5に延ばしました。明日の先発はメイン。先日のブレーブス戦では速球で押していただけに、どういった投球をするのか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/505-ae276b7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。