スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bright sport in the loss 

メッツはマーリンズに敗れ、連勝は4でストップ。フィリーズが勝ったため、2位へ転落。

メッツの先発はレディング。先週のレッドソックス戦では5回途中でKOされるなど良い結果が残せていません。この日も初回にいきなり2失点とつまずき、3回にも2点失い、立ち上がりから不安定なピッチング。その後もピリッとせず、5回にハーミダに3ランを喫したところで降板。4回1/3を7失点と試合を壊し、ブーイングの中、ベンチへ。

一方、打線の前には通算メッツに負け無しのジョンソンが立ちはだかります。ライトとシェフィールドを休ませ、スタメンをほとんど控え陣で構成した打順には大分手強かった。初回に1点奪うも、その後は5回にもう1点奪うのがやっと。試合中盤からはマーリンズペースで試合は進み、結局7-3で試合終了。

負け試合の中で良かった点は2つ。この日2番でスタメン出場したルーキー、F・マルティネスが4回に10打席目でメジャー初ヒットを記録。次の打席には初の長打となる二塁打を放つなど、5打数2安打1打点の活躍で存在感を示しました。もう一つは6回から登板し、好投した高橋建。3回を僅か1安打に抑える内容で、点差がある中、集中力を切らさず、首脳陣にアピールしました。

明日はメインをマウンドに送り、マーリンズに勝ち越しを狙います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/525-dee985ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。