スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

injuries catching up 

メッツは接戦を落とし、2連敗。エースで勝てず、痛い...。

打線は序盤、相手先発デュークに対し、出塁はするも、4回まで無得点。5回にようやくカスティーヨの犠牲フライで1点先制し、エース、サンタナを援護。

サンタナは初回からぽんぽんとストライクを取り、3回を9人で抑えるなど素晴らしい立ち上がり。しかし1点の援護をもらった5回にヤラミーロにソロHRを浴び、すぐさま1-1。さらに6回には無死二塁からマクラウス、ラローシュ兄に連続で二塁打を浴び、2点失い、3-1でパイレーツがリード。

2点ビハインドの中、打線は一向に繋がらず、3-1で試合終了。これまで故障者が多い中で、何とか勝ってきたメッツですが、ここにきてついに影響し始めています。離脱組のレイエス、チャーチらの復帰は遅くても今週末。それまでの間、何とか良い流れを掴みたいところ。まずは明日、ペルフリーに連敗ストッパーの仕事を託します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/528-dc3e2b3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。