スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pitch of no return 

メッツは再びフィリーズの一発に沈み、2連敗。痛い、痛い敗戦。

初回にカスティーヨが二塁打を放ち、続くコーラの犠打で三塁へ進み、3番ベルトランの内野ゴロで生還し、メッツが先制。1-1と追い付かれた3回にはベルトランの二塁打、5回にまたベルトランの犠牲フライで1点ずつ入れ、3-1で試合は中盤へ。

メッツの先発は先日好投したレディング。初回を3者凡退に抑えると、3回まで無失点のピッチング。3回に1点失うも、気を乱すことなく、4回・5回は無失点。7回も続投するも、1死二塁三塁から1点許し、フィリーズに追い付かれます。しかしそれ以上は許さず、7回を3失点に抑え、強打のフィリーズ打線相手に最高の内容で降板。

試合はこの日も延長戦に突入。9回はパーネルがきっちり抑え、10回も続投。しかし1死からビクトリーノをヒットを許し、首脳陣はアットリー、ハワード、イバニェスと続く左の主軸を前に高橋建にスイッチ。アットリーには四球を与えるも、続くハワードは空振り三振で2アウト。しかし、イバニェスに低めの甘い球をすくい上げられ、痛恨の被弾。

6-3となった10回裏、先頭のサントスが出塁するも、後続が倒れ、無得点で試合終了。またもやフィリーズの一発攻勢にやられたメッツ。負け越しで、首位との差は、この3連戦に入る前より開き、4に。明日からはブロンクスで新ヤンキースタジアムにてヤンキースと3連戦。初戦は軟球派ヘルナンデス対豪腕チェンバレン。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/535-5f97bc4c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。