スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nightmare loss 

メッツはヤンキースにサヨナラ負けを喫し、3連敗。これ以上ない悪夢。

試合は序盤から乱打戦。打線は1点ビハインドの3回に、相手先発チェンバレンからヒットを打たずに2点奪い、逆転に成功。再び1点差とされた4回には2番手トムコを攻め、先頭のベルトランとライトが出塁し、打席にはチャーチ。甘い変化球を捕らえ、走者一掃の二塁打でメッツは再び逆転し、さらに続くシェフィールドの2ランでダメ押し。

メッツの先発はヘルナンデス。2回にカノーにソロ、3回にはテシェイラに2ランを浴びるなど、HRの出やすい新ヤンキースタジアムに手こずります。しかし4回以降は低めにボールを集め、5回終え4失点。6回もマウンドに上がるも、1死からカノーとポサダに出塁を許し降板。代わったスウィッツァーが松井に3ランを浴び、ヘルナンデスは勝敗つかず。

打線は7回に1点返し、追い付きます。8回には2死からベルトランが守護神リベラから四球を選び、出塁し、続くライトの二塁打でベルトランが生還し、メッツがこの日3度目の勝ち越しに成功。

9回のマウンドには今季セーブ失敗無しのロドリゲス。1死を簡単に奪うも、ジーターにヒットを許し、続くデイモンの三振の間にジーターは二塁へ。2死で打席にはテシェイラ。3球ボールとなったところで敬遠。4番ロドリゲスには3ボールとするも、浅いフライに打ち取ります。しかし打球を追うカスティーヨの足はぎこちなく、案の定、打球はグラブを弾き、グラウンドへ。ジーター、そしてテシェイラがホームインし、ゲームセット。

まさかのタイムリーエラーでの逆転サヨナラ。ロドリゲスのセーブ記録はストップし、今季初黒星。3度のリードを最後まで守れず。情けない敗戦で連敗は3に。明日の先発はメインがDL入りしたため、ニエベが代役を務めます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/536-0142adec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。