スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

right behind them 

メッツはレイズとの初戦に勝利を飾り、連敗を2でストップ。首位との差は目前の2。

打線は2回に、走者を二人置き、シュナイダーの3ランで先制。3回にもライトのタイムリーで1点加え、4点リードで、試合は中盤へ。

メッツの先発は先週3年ぶりに先発を果たし、ヤンキースに勝利したニエベ。この日も初回から好投し、メジャー屈指の攻撃を誇るレイズ打線相手にゼロを並べます。最大のピンチは6回。1死一塁三塁とされるも、1点のみの最小得点にきっちり抑え、ピンチを凌ぐと、その裏に代打を送られ、降板。

しかしそうは上手く行かないのが、今月のメッツ。7回に登板したパーネルが走者をため、アップトンに2点タイムリーを浴びるなど苦しみ、4-3でメッツのリードは僅か1点に。8回にも4番手のグリーンが1アウトから二塁打と四球を許すも、グロースとバートレットを連続三振に斬り、窮地から脱出します。

打線は8回に2アウトからチャーチにタイムリーで貴重な追加点をゲット。9回のマウンドには雪辱に燃えるロドリゲス。先頭の打者を初球で仕留めると、後続をしっかり断ち、試合終了。ニエベは6回を1失点に抑え、2連勝で今季2勝目。Kロッドは昨日の不振を乗り越え、今季18セーブ目を記録。

明日の先発はサンタナ。先週の大乱調はただ調子が悪かっただけなのか、注目です。勝って、3カードぶりの勝ち越しを狙います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/542-b1f70bd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。