スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hardly no momentum 

メッツは2度のリードを守れず、レイズに敗れ2連敗。4カード連続負け越しで、貯金はわずか1...。

今日の先発はペルフリー。2回に味方から2点もらい、5回まで無失点の好投。しかし5回にノーアウトから5連続ヒットを浴び、一気に4失点。速球と変化球が共に高めに浮き、痛打される悪循環でした。結局その裏に、代打を送られ、5回を8安打4失点の内容で降板。

2点を追うメッツは6回に、ライトとチャーチが出塁し、打席にはシュナイダー。甘い速球をフルスウィングし、打球はライトフェンスの広告に跳ね返り、特大の逆転3ラン。DL入りから復帰後、好調を維持し、このカードでは2本目の3ラン。

しかしそのリードも長くは持たず、7回に絶不調のパーネルがアップトンに痛恨の2ランを浴び、再びレイズがリード。パーネルはその後、単打と二塁打を許し、1つのアウトも取れずに、降板。雨天中断を挟み、7回に4点奪われ、8-5でメッツは再びビハインドに。

打線は7回に併殺崩れで1点返すも、後が続かず。後に登板した中継ぎ陣も2失点と、レイズ打線に飲み込まれ、結局10-6で試合終了。一度逆転しただけに、悔しい敗戦。明日からは主砲プホルス率いる、カージナルスと4連戦。厳しい戦いは続きます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/544-be2a1931

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。