スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

much needed victory 

メッツはカージナルスとの初戦を制し、連敗を2でストップ。

膝を痛めているベルトランがDL入りし、ますます苦しくなったチーム。打線は初回にチャーチの犠牲フライとサントスのタイムリーで2点先制し、幸先のいいスタート。さらには4回から6回までに1点ずつ効果的に追加し、相手先発ウェルマイヤーをノックアウト。

メッツの先発は今季初勝利を狙うレディング。初回から速球と変化球をうまく駆使し、5回まで2安打1失点の好投。6回にはラドウィックに2ランを浴びるも、7回をを抑え、8回も続投します。8回に先頭のライアンにソロHRを打たれ、降板するも、7回を5安打4失点の文句無しの内容。

その後は2番手のスウィッツァーが1死から2番にヒットを許し、一発逆転の場面で、打席には主砲プホルス。しかしここは代わったストークスが追い込んでから、1-6-3の併殺に打ち取り、見事な救援でした。

打線はその裏に1点追加し、8回を終え、6-4でメッツがリード。9回のマウンドにはロドリゲス。きっちりの3者凡退に打ち取り、試合終了。レディングは大きなプレッシャーの中、見事な投球で念願の今季初勝利。ロドリゲスは今季19セーブ目を記録。

明日はベテラン右腕のヘルナンデスが先発。ケガ人が相次ぎ、苦しい戦いが強いられる中、チームは必死に戦い抜くしかありません。Let's Go Mets!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/545-e842f8fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。