スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

what a shame 

メッツはヤンキースに敗れ、3連敗。ホームでの宿敵対戦は、スウィープという最悪のシナリオで終了。この敗戦で、今季成績は37勝37敗となり、貯金はついにゼロ。

この日の先発はヘルナンデス。初回に走者をため、テシェイラに2点二塁打を浴びるなど、波乱の立ち上がり。しかしその後は、調子を取り戻し、2回から、降板した7回まで、許したヒットはゼロ。結局7回3失点と好投するも、味方の援護がないまま、降板となり、勝利のチャンスを手にすることはできませんでした。

一方、打線は、今季まだ未勝と苦しんでいる王と対戦。4回まで無得点も、4回にマルティネスのタイムリーツーベースで1点、2アウトからはカスティーヨのタイムリーで2点返し、1点差に追い付きます。打線はその後、6回から8回まで1アウトで走者と得点に置くも、たたみきれず、3-2のまま、試合は終盤へ。

ヘルナンデスの降板後は、フェリシアーノとグリーンがそれぞれ3四球を与えるも、無失点に抑え、1点ビハインドながら、9回にロドリゲスを投入。そのロドリゲス、2アウト満塁から、打席に立った相手の守護神リベラにまさかの押し出し...。怒りより、恥ずかしさで目から火が出そうでした。結局4-2で試合終了。

明日からはミルウォーキーに移動し、ブルワーズと3連戦。メッツの正念場は続きます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/551-293f4007

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。