スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

one arm on the cliff 

メッツは今季5度目の零封負けを喫し、フィリーズにスウィープされ、3連敗。この3連戦の前には僅かゲーム差1も、首位との差は大きく広がり、4に。また、借金はつもり、今季最多に並ぶ3。

この日の先発はサンタナ。投球2球目をいきなりロリンズに先頭打者HRを浴びるも、6回までフィリーズを2安打に抑える好投。しかし6回にアットリーにソロHRを許し、2点差とされます。結局7回を投げ、3安打2失点の内容で、降板。

打線は4回までノーヒットと苦しい展開。最大のチャンスは6回。カスティーヨの四球とサンタナのバントヒットでノーアウト一塁二塁とし、続くコーラの犠打で1アウト二塁三塁のチャンスを作ります。続くマーフィーも四球を選び、満塁とし、打席にはライト。しかしライトはあえなく二塁ゴロ併殺に倒れ、無得点でイニング終了。8回には1アウト一塁二塁とするも、今度は代打タティースが併殺打を放ち、またもやチャンスをフイに。

サンタナ降板後はパーネルが8回を無失点で凌ぎ、試合は9回へ。ライト、チャーチと繋ぐ好打順も、フィリーズの守護神リッジに3者連続三振し、2-0で試合終了。サンタナは3安打も2本の本塁打に泣き、さらに味方にも見殺しにされ、2連敗で今季7敗目。打線はこの3連戦で僅か5得点と精彩を欠き、この日も2度の併殺が重くのし掛かりました。

明日は待ち望んでいたオフ。しかし火曜からはリーグ首位を走るドジャースとの3連戦を迎えるため、気を抜いてはいられません。初戦の先発は連勝を狙うペルフリー。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/558-35d4bdb9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。