スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

getting hot 

メッツは2日連続の快勝で、アストロズに2連勝。

打線は3点を追う3回、1アウト一塁から、たたみ掛け、ライト、マーフィーのタイムリー、そしてフランコーアの犠牲フライで一気に3点返し、追い付きます。4回には2アウト二塁からペガンの三塁打、カスティーヨの犠選で勝ち越しを決め、好調な打線はこの日も健在。

メッツの先発はヘルナンデス。初回にアストロズ打線に捕まり、1アウトから松井にヒット、続く3人の打者に二塁打を浴び、3失点。後続は抑えたものの、初回に3点失うなど、不安定な立ち上がりとなりました。しかし2回以降は、落ち着きを取り戻し、相手打線を翻弄。終わってみれば、7回を投げきる尻上がりの投球。

打線は8回と9回に合わせて3点追加し、3試合連続となる二桁安打を記録。ヘルナンデスの降板後はフェリシアーノが2/3回、グリーンが1回1/3を投げ、試合終了。ヘルナンデスは粘りの投球が光り、今季7勝目。グリーンは今季初セーブ。

13安打8得点の猛攻で、好調のアストロズに勝ち越しを決めたメッツ。明日からは久々にホームに帰り、同じく好調のロッキーズとの4連戦。初戦は先週7四死球で自滅したペレスが先発です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/576-8f0f7919

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。