スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

time to quit? 

メッツはダイアモンドバックスとの初戦に敗れ、連勝ならず。8月に入り、3勝6敗ともはや終戦状態。

この日の先発はペルフリー。本来は先週の土曜の先発も、息子が生まれたため、2日遅れての先発となります。初回は無失点に抑えるも、2回に相手打線につかまります。先頭のレイノルズに内野安打を許し、盗塁の後、続くモンテロに二塁打を浴び、1失点。その後は2アウト二塁から、8番打者のオヘダを敬遠で相手投手と勝負を選択するも、デイビスに 2点ツーベースを許し、この回一挙に3失点。3回と5回にも1点許すなど、好投とは言えない内容で6回を投げ、降板。

一方、打線はデイビスに対し、3回まで無得点。4回には走者をおいて、タティースの走者一掃のタイムリー三塁打で4-2とし、2点差と迫ります。1アウト三塁となるも、続くマーフィーとサントスが共に倒れ、結局この回は2点止まり。5回から7回までは毎回先頭打者が出塁するも、生かせず、結局デイビスに7回を投げられてしまいます。

2番手のデセンスが7回に2失点し、7-2で完全にバックスペース。打線は9回に2点返し、何とか大敗は避けたものの、7-4で試合終了。ペルフリーは8安打5失点と、不安定なシーズンが続いており、今季8敗目。明日の先発はヘルナンデス。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/588-736e9379

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。